www.timelesssss.com

Catalogue

The Farah Quintet / The Farah Quintet

The Farah Quintet / The Farah Quintet / T-005 CD

released : 20120718
price : 2,500yen (tax in)
Gatefold CD with a liner


order *free shipping


Nao Suzuki (p)
Hikaru Toho (b)
Noriyuki Sugata (ds)
Shoji Haruna (as, ts)
Farah (pro/arr)

RFのプロデューサーとしてもお馴染み元レコード・ショップ・バイヤーFarahが率いるJazzユニットThe Farah Quintet。NHKの朝の連ドラでも鍵盤を担当しているピアニスト鈴木奈緒、バークリー音楽院を経てスガダイローや山中千尋等のサポートを行う気鋭のベーシスト東保光、Full Swing等で活躍するバーサタイルなドラマー菅田典幸、松原正樹や松山千春、MISIA等、数多くのアーティストのライヴ & レコーディングをサポートする実力派サキソニスト春名正治を擁して制 作された本作は、60年代半ばにブラジルで勃興したジャズとサンバの融合 : 即ち「ジャズ・サンバ」と言われるムーヴメントとその影響下にある音楽をテーマにした儚くも美しい情熱的な1枚だ。

日本ではとかくたおやかなサウンドがフォーカスされがちな「ジャズ・サンバ」だが、本盤では肉体的な躍動感と鬼気迫る迫力というこれまであまり注目されることのなかった「ジャズ・サンバ」のアグレッシヴな側面 & 魅力をテー マに制作された。絶え間なく反復する強靭なリズムとそれに呼応し疾走する切なくも情熱的なメロディー。それらが有機的に絡み合い織りなす楽曲の数々は、ダンス・ミュージックに留まらずリスニング・ミュージックとしても高度に機能する圧倒的な完成度を備える結果となった。

また録音においても当時の録音環境を出来るだけ忠実に再現することを試み、エンジニアSugar Spector氏の指揮のもと、オープン・リールやビンテージ・マイクを使用した 一発取りの完全アナログ・レコーディングを敢行。その結果生み出されたサウンドは、60年代の生々しさと00年代の鮮明さが同居した唯一無二の音に仕上がっている。

本盤はCD化に当たり再度マスタリングを敢行した高音質リマスタリングCDとなります。


1 Nightingale
James Brownのバックも務めたDee Felice Trioが7インチ・オンリーでリリースした傑作の誉れ高い"Nighingale"を再演したM-1。次第に熱を帯び展開していく構成は本盤のイントロダクション的仕上がり。B-BoyにはMuro / King most wantedネタとし てもお馴染み。

2 Muito a vontade
Joao Donato作曲のジャズ・サンバ傑作を力強くスピード感溢れるスタイルで現代に蘇らせたM-2。ピアノとドラムによるリズムの応酬がグルーヴを間断なく増幅させていく至福のナンバー。

3 Terra samba
独のピアニストFritz Pauerが手がけたジャズ・サンバ・クラシックスを、ダブ的な解釈も組み入れつつ大胆かつ繊細なアレンジでフロア仕様に仕立てたM-3。Deep House好きにもお薦めしたいフロア・フィラー な人力エレクトロ !

4 Improviso negro
イントロのベース・ソロからして只ならぬ雰囲気が漂うSambalanco Trioの名曲を再演したM-4。ベースのソロが随所にフォーカスされた斬新な構成が聴き所。

5 Berimbau
Baden Powell作で数々のアーティストが取り上げてきたブラジルを代表する名曲"Berimbau"を、リズムを前面に押し出しパーカッシヴ且つダンサブルなスタイルでアレンジした怒濤のフロア・フィラー・チューンM-5。

6 Zimbo samba
今なお現役で活動を続けるHamilton Godoy率いるZimbo Trioのジャズ・サンバ名演に挑んだM-6。リズムを強調した重厚感溢れる演奏が本曲の肝。

7 Se voce pensa
Elis Reginaの名唱でも知られる同曲を切なさを内包しながらも華やかに蘇らせたM-7。泣きながら踊りたい貴方に。

8 Fiesta Espanola
高らかに咆哮するテナー・サックスに導かれメンバー全員が渾然一体となり灼熱の演奏を繰り広げるThe Farah Quintet渾身の1曲M-8 !

9 Clouds
ラストを締めくくるM-9は切なくも心温まるナンバー。Tenorio Jr.の佳曲をメロウな解釈でアレンジした本作が流れ出せばそこはもう夕日が照らす寂寥の海辺。


The first four releases from Timeless featured the acoustic trio RF, with hip covers of classic soul, jazz and hip-hop tunes of years gone by. Producer Farah has now assembled Farah Quintet, led by pianist Nao Suzuki for the label's latest project.

Again, this is a covers project, this time one with a distinctly Brazilian feel to it, reviving the jazz samba sound of the sixties. To recapture the mood of the era, the session was recorded on open-reel tape using a vintage mic, and then mastered for CD. The results are stunning, sounding like the band have been recorded playing live in a small club.

The nine-track set opens with a faithful rendition of the Dee Felice Trio classic, Nightingale, with the rhythm section slightly further forward in the mix than the original making it very club-friendly. From there its on to the fast-paced samba of Muito A Vontade, a Joao Donato tune and a blistering version of the Fritz Pauer composition Terra Samba, with something of a deep house arrangement.

There is a heavy percussion arrangement of Baden Powell's classic Berimbau that makes it ideal for the dancefloor at either jazz events or crossover nights. Its full of energy with an unrelenting rhythm, and the slight imperfections you get from one-take recordings add to the live feel of the piece. Also worth a mention are Zimbo Samba and Fiesta Espanola, the latter of which features Shoji Haruna on tenor sax.

There's no doubt that it's mission accomplished on The Farah Quintet, with the spirit of sixties jazz samba successfully revived and given a contemporary twist all the time keeping the authentic analogue sound. A great soundtrack for the summer.